特性診断結果を基に、あなたにあう成長企業がわかる唯一の新卒マッチングサイト

あなたの16タイプ分析 Your 16 type analysis

16タイプ分析では、あなたが最も強く適合するタイプの「1位から3位まで」の適合タイプを表示しています。16タイプ分析は、人間の性格はいくつかのタイプに分類することができるという「類型論」に基づいた分析で、個人がどのタイプに該当するかという観点から性格を論じようとしたものです。

この「類型論」は、タイプのいずれかに当てはめて考えるため、その人の全体像がイメージしやすくなることが特長です。しかし、1つのタイプに個々の特性が完全に一致するケースは少ないため、実際の個々の性格とのズレを感じてしまうこともある点がネックと言えます。そのため、Future Finder 16タイプ分析では、あなたが当てはまるタイプのTOP3を示し、よりリアルにあなたのタイプを感じていただけるようにしています。

印刷用ページを開く

****さん

****さんの16タイプ分析

MATRIX

冷静沈着な実務家 真摯に向き合う努力家 美学を大切にする職人 おもてなしのコンシェルジュ
論理的に考えるアイディアマン 確実に実行したいリアリスト 理想にひた走る情熱家 心穏やかな共感者
スリルを楽しむ冒険家 堅実なディレクター 楽しさ第一のムードメーカー 面倒見のいい社交家
挑戦的な起業家 手堅く仕事をこなすマネージャー アイデアあふれる発明家 社交的なサポーター

RANKING

  • 1位 社交的なサポーター
    社交的でコミュニケーションを大切にしています。相手が一人であっても大勢であっても、他者の感情やその場の空気を読み取って、求められる振る舞いをとっていきます。一方で思いやりにあふれる分、感情移入しやすく、それが原因で疲弊してしまうこともあります。表情やしぐさ、声のトーンなどが伝わる対面でのやり取りが得意なタイプです。

    あなたの特徴

    コミュニケーションを大切にし、相手に配慮した表情やしぐさ、振る舞いで周囲の人たちに柔らかく優しい印象を与えることができます。その場の状況をつかみとることが上手く、空気を読んで求められる行動をとっていこうとします。争いや対立を避け、波風を立てることはあまりありません。

    相手に合わせていこうとする気持ちが強いため、本当にあなた自身が持っているやりたいことや言いたいことをうまく相手に伝えることができず、そのため相手からは自信がないように見えたり、何も考えていない、自分を大切にしていないと思われる可能性もあります。

    周囲に安らぎを感じさせ、献身的にサポートできることがあなたの強みです。それは今後も大切にしていくべきことですが、自身の考えや意見も丁寧に伝えていくことも重要です。これによって相手との健全な関係性を長く保ち、本当の意味で相手に対するサポートにつなげていくことができます。

  • 2位 心穏やかな共感者
    相手の感情や状況を理解することが得意で、人の話を親身になって聴くことのできる最高の聴き役です。自分の意見を表出することを好んでおらず、感情表現は穏やかです。周囲には冷静で物静かな優しい印象を与えています。表立って人を引っ張っていくことよりも、目立たない所で人に影響を与えていくことの多いタイプです。

    あなたの特徴

    自分の感情や考えを積極的に表に出すことはなく、いつも周囲の身近な人や出来事に関心を払っています。あまり目立つことを好んでおらず、自らの発意で率先して行動をすることはありませんが、分け隔てなく皆に気を配るその姿勢や態度は周囲に優しさと安心感を与えることができます。

    争いごとを好まない穏やかな性質のため、人に対して意見をあまり強く言うことがなく、そのため波風を立てない言動になってしまうこともあります。結果として本当は理解、共感しているのにも関わらず、相手の話に合わせているだけのイエスマンのように受け取られる可能性もあります。

    相手に安心感と自信を与えることのできる共感の姿勢があなたの強みです。日頃の態度や姿勢がそんなあなただからこそ、時折放つ意見やアドバイスは他の誰かのそれよりも相手にとって、より一層心に響くはずです。ときには大胆で辛口な意見やアドバイスをしてみることもお勧めです。

  • 3位 面倒見のいい社交家
    社交的で親しみやすい人気者です。周囲と良好な関係性を築くための努力を惜しみません。礼儀正しく振る舞うことを大切にしており、前からの慣れ親しんだスタイルにひかれやすく、慣れないことや新しいことに挑戦することは苦手なようです。相手にとって必要なことが何かを、先に気付き進んで世話をしていこうとするタイプです。

    あなたの特徴

    社交的な人柄で周囲の人と適切な関わりを築いていきます。相手が求めていることを敏感に感じ取りながら、自らが進んでそれをかなえていこうとします。相手を敬う態度も自然に取れるため、周囲を不快にさせることはありません。斬新で変わったことよりもスタンダードなものを好みます。

    やらなくてはいけないことは理解しているつもりでも、相手の要望や周囲の状況に気を取られがちで感情に流されてしまうことがあります。相手を大切に思う一方で、不愉快にさせない気持ちが強くなってしまい、不本意なその場しのぎの対応に陥ることもあります。

    相手と良い関係を築き、深く長く付き合えることが強みです。ただいつも同じような人との交流でつきあいの幅が狭くなっている可能性もあります。違ったタイプの人との交流にチャレンジし刺激を与え合うことは、相手との関係性を見直すきっかけとなり、気づかなかった新しい自分を発見することができます。

お友達と「Future Finder」が使える!

友達に紹介する 診断結果を比べる

あなたの「性格特性」分析 Your personality


人の性格特性そのものに、良い・悪いはなく、生い立ちの中で培われたとても大切なものです。本来、あなた自身の結果を他者の得点と比較して「高い」「低い」を意識する必要はありません。

例えば、「ストレス適応」の得点が高くなるほど、「外部からの刺激に強い」という傾向が高まりますが、同時に「感受性が鈍く、事の重大さを認識できない」傾向も高まります。 逆に得点が低くなるほど、「感受性が強く、繊細で様々なことを真摯に受けとめる」という傾向が高まりますが、「落ち込みやすい」傾向も高まります。 つまり、得点が高い人にも低い人にも、それぞれ良い点と注意すべき点があるのです。

また、自分の言動に対し自信を持っている人(自己有能感の高い人)と自信をまだ持てていない人(自己過小評価傾向のある人)では、そもそもの得点に差が現れることもあります。 従って、得点の高い低いについて他者と比較するのではなく、特性項目の波形(高低)を確認し、あなた自身の特徴(あなたの中で高い特性項目をあなたは重視する傾向があります)をつかむようにしてください。

1.あなたの性格特性 (Big 5)

Big 5
あなたの行動に影響する基本的な性格特性

Big 5 「基本的」性格特性とは、ビジネス場面だけでなく、日常生活も含めたあなたの性格を示したものです。

47
外向性
52
協調性
39
良識性
30
情緒安定性
37
知的好奇心

「協調性」が高く、どんな相手に対しても関係性を上手く構築していこうとするようです。また「外向性」も高いため、いろいろなことに興味や関心を持ち、自分から積極的に関わっていけるでしょう。誰とでもすぐに打ち解けていこうとする姿勢はあなたの強みになりそうです。 ただ、「情緒安定性」が少し低いようです。不快なことを冷静に受け止められないことがときにはありそうです。喜怒哀楽が表れやすく、対応や判断がその時々の感情に流されてしまうことがあるかもしれません。

交流の幅が広く、いろいろな人たちと付き合っていこうとする姿勢がとても強いようです。一つの考え方に固執するのではなく、いろいろな価値観を認めることができるでしょう。 また、いろいろなことに興味を持ち、自分で調べていこうとする姿勢も強めです。あたり前や常識を疑い、他の人が気付かないようなことも敏感に感じ取っていけるでしょう。 ただ、落ち込んだりイライラするなどの感情を抑え、自分をコントロールしていこうとする姿勢は強くないようです。ときには感情的な対応になってしまうことがあるかもしれません。

Business Big 5
とくにビジネス場面での行動に影響する性格特性

Business Big 5 「ビジネス的」性格特性とはビジネス場面に絞った上で、活かされるあなたの性格を示したものです。

40
変革・創造
37
異文化適応
24
ストレス適応
33
自己実現
37
社会的成功

「変革・創造」が高く、従来の考え方にとらわれ過ぎることなく、新しいものを産み出していくことができそうです。また、「異文化適応」も高いため、異なる風土や文化に対しても順応できるでしょう。未知のことでも臆することなく、飛び込んでいく姿勢はあなたの強みになりそうです。 ただ、「ストレス適応」が低いようです。外部からの刺激を適正に受け止められないことがときにはありそうです。人間関係や仕事の負荷などに対し、過度にプレッシャーや嫌悪を感じてしまうことがあるかもしれません。

顧客からの評価など称賛を受けたいという気持ちが強いようです。自分の成果や働きを通して顧客や関係者からの称賛や感謝の意を得ていくための努力を続けていけるでしょう。 また、人と違っていることがむしろ誇らしく感じる気持ちも強めです。ありきたりなものや古い慣習には興味を持たずに、常に新しく斬新なやり方を取り入れていけるでしょう。 ただ、たとえ苦労をしても社会に通用する一流の人財になりたいという気持ちは強くないようです。困難なことを前にしてあきらめずに、妥協することなく努力を続けることは得意ではないかもしれません。

2.あなたが仕事で「発揮しやすい特性」

     
1 柔軟・迅速性 72
0
50
100
2 チームワーク 70
0
50
100
3 自己表現力 69
0
50
100
4 傾聴力 68
0
50
100
5 貢献志向 64
0
50
100

「柔軟性・迅速性」に特に優れ、状況を見ながら柔軟かつ迅速に対応することがとても得意といえます。その時々の状況や相手の依頼に応じて、臨機応変に対応していくことができそうです。

また、「チームワーク」に優れ、周囲と連携していくこともとても得意といえます。個人プレーに走るのではなく、組織全体の達成を目指し、求められている行動をとっていくことができそうです。

さらに、「自己表現力」があり、自分の意見や考えを周囲に伝えることも得意なようです。相手に応じて言い方や表現を工夫し、自分の意見を論理的にわかりやすく伝えることができそうです。

3.あなたが「仕事で発揮しやすい行動」

       
1 牽引行動 75 リーダーシップを発揮し、周囲を牽引する
0
50
100
2 完投行動 58 困難を乗り越え、最後までやり遂げる
0
50
100
3 協力行動 57 周囲に気を配り、みんなで協力する
0
50
100
4 現物行動 52 確実性を追求し、現実的な落としどころを見据える
0
50
100
5 計画行動 40 計画を重視し、目的達成に向けて計画通り進める
0
50
100

「牽引行動」や「完投行動」が大変高いといえます。自らが率先する主体的な動きで周囲に対し頼もしさを感じさせそうです。そして困難なことであってもあきらめることなく最後までやり遂げようという姿勢は周りの皆のお手本となりそうです。

4.あなたの「仕事へのモチベーション」

仕事へのモチベーション(仕事、行動へのやる気を高める要因)を4つの視点に分けて見ています。数値の高い項目ほど、あなたが仕事に取り掛かったり、行動し始める上で影響が大きい(満たされると動きやすい、満たされないと動きにくい)ことを示しています。

       
1 親和動機 コミュニケーションを大切にし、お互いに理解し合える環境で気持ち良く働きたい。 69
0
50
100
2 権力動機 責任と権限を持って自分で方向を決めたい。他人に影響を与えたい。 50
0
50
100
3 安全動機 失敗しそうなリスクは極力回避して、安心・安全に仕事ができる環境を求めたい。 45
0
50
100
4 達成動機 達成・成功に向けて努力したい。自分の力で目標にチャレンジしたい。 44
0
50
100

「親和動機」が高くなっています。また「権力動機」も高い傾向にあり、周囲と良い関係を築きながら、自分の意見を出していけそうです。「安全動機」はそれほど低くはないため、自分勝手な動きではなく、状況を伺いながら慎重な行動を心掛けていくタイプといえます。

5.あなたの「ビジネスセンス」

     
1 社会の動きを見抜くセンス 68
0
50
100
2 なりゆきを感じとって先を見抜くセンス 65
0
50
100
3 人の気持ちや動きを見抜くセンス 60
0
50
100
4 危険やチャンスを察知するセンス 60
0
50
100
5 仕事のツボを押さえるセンス 59
0
50
100
6 異文化を理解し交わるセンス 50
0
50
100

「社会の動きを見抜くセンス」があるといえそうです。社会の動きや流行への関心が高く、トレンドをつかみとることが上手です。いち早く有効な情報をキャッチすることができるでしょう。

また、「なりゆきを感じとって先を見抜くセンス」もあるといえそうです。現在の状況を的確に把握していくことが上手く、一歩先を見据えて先回りした行動をとっていくこともできそうです。

6.あなたにマッチする「職場の価値観、考え方(風土)」

会社には、様々な組織分野(営業部門や管理部門など)があり、それぞれに「これは良い、それはダメ」という価値観が存在します。また、それは同じ営業部門であっても、会社によって異なります。営業職だから、何処の会社でも似たようなものだという決めつけは禁物です。 ここでは、あなたが組織の一員として働く上で、あなたが働きやすいと感じる組織、あなたが違和感を感じにくい組織とは、どのような組織風土の会社なのかを分析しています。あなたが違和感を感じやすい組織の場合、それが溜まってストレスとなるなど、あなた自身の組織行動との間に大きな関連性があります。 あなたにマッチする組織風土の会社であれば、あなたは違和感を感じにくく、活躍人財になれる可能性が高いと言えます。

A 構造と制約の厳格性

寛容
0
50
100
厳格

B 自己責任性

忠実・制度的
0
50
100
自律・自責的

C 開放・活発性

熟慮・慎重性
0
50
100
開放・活発性

D 長期・大局・本質志向

短期・部分・現象志向
0
50
100
長期・大局・本質志向

E 挑戦・革新性

堅実・保守性
0
50
100
挑戦・革新性

F 慎重・綿密・完全性

大胆・迅速性
0
50
100
慎重・綿密性

G 成果主義・競争性

プロセス主義・協調性
0
50
100
成果主義・競争性

H 支持・相互援助性

個人主義志向
0
50
100
チームワーク連帯志向

相互に協力し、一丸となって物事に取り組んでいく組織への適性が高くなっています。個々が思い思いのスタイルで進めるのではなく、皆で協同し目標達成を目指すスタイルが合っているといえます。

また、メンバー全員が自由に発言し行動できる組織への適性も高くなっています。各自の自由な言動がためらわれる状態ではなく、全員が活発に議論し、思ったように活動できる状態が合っているといえます。

さらに、タイミングを逃さない素早い実行が要求される組織への適性も高くなっています。完璧さよりもチャンスを逃さない判断や行動が求められる仕事が向いているといえます。