特性診断結果を基に、あなたにあう成長企業がわかる唯一の新卒マッチングサイト

安藤ハザマ
直接応募正社員

安藤ハザマ
安藤ハザマ

【東証一部上場】私たちはものづくりを通じて、豊かな社会を実現します。新しい未来を拓く、若い力に大いに期待しています。

ログインすると「企業の組織風土」と「自分の特性」がどれくらい一致しているかを示す「適合性」が表示されます。

****さんと企業の適合性
組織風土
--(--)
マッチ度は低い
マッチする
非常にマッチする
D
C
B
A
AA
S
SS
【企業の特徴的な組織風土】
プロセス主義・協調性慎重・綿密性チームワーク連帯志向
この組織は、結果だけでなく、そこに至るまでのプロセスや考え方までを重視した評価を行う風土を持っています。また、細部まで注意や関心を払う緻密さやミスのない高いクオリティの成果が求められる組織でもあります。そして、相互に協力し、一丸となって物事に取り組んでいくチームワークを大切にします。

企業情報

安藤ハザマ

設立 2013年
所在地 〒107-8658 東京都
港区赤坂六丁目1番20号

業種区分 建設・不動産/ゼネコン

資本金 16,788,576,452円(2018年9月末日現在)
売上高(年商) 3,499億円(2018年3月期)
企業概要 安藤建設と間組は、2013年4月1日に合併し、
新会社「株式会社安藤・間」としてスタート
しました。

<主な事業内容>
(1)土木建築工事の調査、測量、企画、設計、施工、監理
(2)不動産取引および不動産の保有、利用
(3)土壌の調査・浄化工事の請負
(4)地域・都市開発および環境整備に関する企画、設計
(5)発電および電気、熱等エネルギーの供給事業
URL http://www.ad-hzm.co.jp/
従業員数 3,518(2018年4月1日現在)名

企業PR

想像を超える創造を

ものづくりを通して新たな価値を創造し、豊かな未来の実現を目指す総合建設会社です。
建築に強い安藤建設と、土木に定評のあるハザマが合併して誕生!
ダイバーシティと働き方改革を推進しています。

安藤建設と間組は、2013年4月1日に合併し、新会社「株式会社安藤・間」としてスタートしました。

◆建築に強みを持つ安藤建設
◆土木に定評のあるハザマ

両社100年以上にわたる歴史の中で、確かな技術力と実績を培ってきました。これらの歴史を越え、安藤ハザマは新たな価値を創造するために挑戦し続け、豊かな未来を実現します。ものづくりを通して、これからの社会を、世界を、これからの人々の暮らしをつくること。それこそが、我々の使命です。

画像1

理念:ものづくりを通して社会貢献を目指しています。

建設会社の魅力はやはり、自分たちがつくりあげたものが成果として見え、世に残ることではないでしょうか。

安藤・ハザマは、日本の経済活動を支え、国民生活と国土を守るインフラ、ランドマークとして都市の象徴となる大規模建築物、市民に愛される有名スポットなどをつくりあげてきました。

施工実績の一つに挙げられるのが、「黒部ダム(黒四ダム)」です。冬季には積雪に阻まれるような急勾配の場所で、洪水や台風、厳寒、吹雪など厳しい自然との闘いを余儀なくされる中での工事となりました。しかし、日本に機械化施工時代を定着させ、その技術レベルを大きく引き上げた功績は計り知れません。技術と情熱、知識と経験、それらが結集して生み出された世紀の偉業「黒四ダム」。そのDNAは、安藤ハザマの社員によって脈々と継承されてきています。それを受け継ぐ誇りと自覚が、安藤ハザマの次代を拓いていくのです。

当社は、『ものづくりを通して社会貢献』を目指す人には、最適な環境です。実際に手を動かすのは職人の方々でも、単にそれを指示・管理・監督しているだけでなく、ときには意見を交えながら、『一緒につくる』ことを実感できると思います。そこが大手のいわゆるスーパーゼネコンと当社の違いであり、かつ当社の特色です。

画像2

世界に誇れる高い技術力

安藤・ハザマは、高い技術力を持ち、世界初の開発技術や土木学会賞等、さまざまな賞を受賞した技術が多くあります。

例えば、中性子遮蔽材料。中性子が発生する医療施設や最先端の研究施設等への使用を目的に開発された材料で、従来は重厚長大であった遮蔽壁をコンパクトにする事ができる材料です。遮蔽壁をコンパクトにすることで、室内空間を広げることができる技術です。当社技術研究所に業界唯一の放射線実験室もあり、放射線計測も可能です。この技術は、日本原子力研究開発機構にて採用実績もあり、ベスト産業実用化賞/エンジニアリング功労者賞を受賞した技術です。

その他、珍しい事例では、名古屋城本丸御殿・天守閣の復元工事も行っています。本格的な復元のためには、現在の施工法と全く違う伝統的施工法を学ばなくてはいけません。当社はこれまでに独特の手法を持つ設計会社や職人・宮大工とともに復元工事に携わった多くの経験・実績を持っています。

建設業では、競争入札によって獲得する案件も多いですが、当社は敢えて施工技術が難しい案件を取りに行く傾向があります。それは、価格で勝負するよりも、技術で勝負しているからです。

画像3

自分のアイディアを仕事に活かせるチャンスがたくさんあります!

当社では、若いうちから、大きな仕事を経験できます。一つの現場を経験すれば、工程管理や予算管理等、小さな一つの会社の経営ノウハウに匹敵するような知識を学ぶことができます。早ければ入社10年で、全体でも35歳くらいまでに所長を経験することが出来ます。

また、海外事業も、手を挙げれば3~4年目からでも赴任のチャンスがあります。全体の10%程度の実績を上げている海外拠点では、日本のODA(政府開発援助)で、インフラ関係の土木工事に携わったり、日本の民間企業の海外進出の一環で、工場建設に関わる等、まさに社会貢献を実現できる現場です。国内市場が成熟している中、海外事業の推進は当社のテーマの一つになっています。

自分のアイディアを仕事に活かせるチャンスもたくさんあります。社員の意見を提案する例として、『発明提案シート』には、思いついた提案を提出することができ、それが新しい発明であれば、一社員が特許を取得することができる事例も多数あります。『技術開発テーマの提案』制度では、技術開発に取り組みたいテーマを提案し、会社として採用されば、自らが直接担当できる分野でなくても予算が与えられることがあり、自らのアイディアを仕事に活かして、形にできることもやりがいの一つとなります。

画像4

作業を知る、管理を知る、実践的な新入社員研修

当社は、“ものづくりは人づくり”であると考えています。世の中の役に立つ「いいもの」をつくるためには、社員を育成しその能力を高めなければなりません。様々な機会を通じて“人づくり”に最大限力を注いでいきたいと考えています。

新入社員研修には、特に注力しており、2週間の集合研修後、4月中旬〜9月までの約5か月間、研修用宿泊施設で合宿しながら、土木、建築に分かれ、5ヵ月間の専門研修を行います。この研修の目玉は、実際にモノづくりを体験できるところです。どのようにモノがつくられているのか、自分たちで手を動かしながら学ぶことができます。土木の技術職を対象とした研修では、箱型のコンクリート構造物「ボックスカルバート」をつくります。建築の技術職は、マンションを模した小型の躯体をつくります。しかも、RC造、S造、SRC造の3種をつくるので、構造の違いも理解することができます。

画像5

ダイバーシティと働き方改革を推進しています

安藤ハザマは、「ダイバーシティ」「ディーセントワーク」を大きな柱とした働き方改革を推進しています。

※ダイバーシティ:多様性が尊重され、活かされる職場の実現
※ディーセントワーク:働きがいをもち、いきいきと働ける職場の実現

長時間労働の抑制、さらには労働安全衛生の徹底の面からも、建設現場の「閉所」活動を継続的に展開しています。2017年度は、土木・建築とも「4週6閉所」に設定し、協力会社も交えて実現を目指し、達成率は約9割となりました。

朝8:00からの朝礼が当然だった建設現場にコアタイムなしのフレックスタイム制を導入し、就業時間については、現場所長に裁量を与える業界でも独自の新しい試みを実施しています。

例えば女性職員が子供を保育園に送ってから10時出勤したり、前日に遅くまで仕事で残る必要があったメンバーに対して、所長判断で翌日の出勤を遅くすることなどが可能になり、労働時間を削減することに成功しました。

男性の育児休暇なども推進しており、1カ月取得した実績もあります。

その他、建設現場に女性専用トイレの完備や女性専用更衣室の設置等、女性が働きやすい職場環境の整備にも取り組んでいます。

求人要項

【東証一部上場】私たちはものづくりを通じて、豊かな社会を実現します。新しい未来を拓く、若い力に大いに期待しています。

求人要件

募集職種 総合職  建築・土木技術者/施工管理  建築・土木技術者/その他
職種補足 機電職・設備職
仕事内容 <技術系職種> *理系のみ対象
■機電職
土木工事における建設機械の開発、計画、運用管理等

■設備職
建築工事における電気・空調・給排水等の設計、積算、施工管理等

■土木職
土木工事の施工管理、技術開発、設計等

■建築職
建築工事の施工管理、意匠設計、構造設計等
求める人物像、応募資格
(公的資格、経験、
学歴、学部学科など)
【募集対象】
理系大学院生・理系学部生・高専生

■機電職
 機械系、電気・電子系、情報系学科
■設備職
 建築系、電気・電子系、情報系学科
■土木職
 土木系学科、農業土木系、資源系学科
■建築職
 建築系学科

【求める人物像】
・チームワーク
自分ひとりだけで完結する仕事は殆どない。プロジェクトを推進していくには、社内外の様々な立場の人とコミュニケーションを図り、自分の言いたいことを相手に正確に伝え、そして相手が発する言葉がなにを意味しているか背後の意図まで汲み取る力が求められる。
採用予定人数 51~100名
前年採用実績数 111名
採用実績校 東北大学、東北大学大学院、名古屋大学、名古屋大学大学院、大阪大学、九州大学、九州大学大学院、東京工業大学、北海道大学、北海道大学大学院、室蘭工業大学大学院、秋田大学、岩手大学、新潟大学、金沢大学、東京外国語大学、首都大学東京、埼玉大学、千葉大学大学院、豊橋技術科学大学、神戸大学、神戸大学大学院、三重大学、大阪市立大学、鳥取大学大学院、山口大学、愛媛大学大学院、佐賀大学、鹿児島大学、鹿児島大学大学院、東京理科大学、東京理科大学大学院、慶應義塾大学、早稲田大学、早稲田大学大学院、金沢工業大学、金沢工業大学大学院、明治大学、中央大学、法政大学、関西大学、立命館大学、芝浦工業大学、芝浦工業大学大学院、工学院大学、日本大学、日本大学大学院、名城大学、福岡大学、近畿大学、成城大学、摂南大学、東北工業大学、東北学院大学、大阪工業大学、大阪産業大学、広島工業大学、九州工業大学、九州産業大学、東京都市大学、東京電機大学、東京電機大学大学院、東海大学、北海道科学大学、東京工芸大学、東京造形大学、金城学院大学、東北職業能力開発大学校(応用課程)、関東職業能力開発大学校(応用課程)、九州職業能力開発大学校(応用課程)、石川工業高等専門学校、大分工業高等専門学校(国内外の国公私立大学、高等専門学校、高等学校から採用)

雇用条件

雇用形態 正社員
雇用形態補足 試用期間あり(3ヶ月) 試用期間中と試用期間後に待遇等の変更点なし。
入社予定時期 2020年4月1日
休日・休暇 週休2日(土・日)、祝日、年次有給休暇(初年度11日)、年末年始休業、夏季休業・休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇等 育児休業・介護休業制度あり
勤務時間 8:30~17:15(フレックスタイム制度あり)

勤務地情報

都道府県 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 海外 
勤務地および
転勤可能性の有無
本社、支店及び国内、海外の事業所

賃金・待遇

給与(基本給) 【基本給】
大学院了 月給260,000円
大学卒  月給240,000円
高専卒  月給220,000円
給与
(手当、残業代など)
通勤費実費支給、時間外勤務手当、住宅手当、家族手当等
給与(賞与) 年2回(7月、12月)
昇給・昇格など 年1回(7月)
福利厚生 雇用・労災・健康・厚生年金各保険
独身寮、住宅資金融資、従業員持株会制度他、資格取得者への報奨金制度あり

選考ステップ

Future Finderよりエントリー

WEB会社説明会

社員座談会

エントリーシート提出・適性検査受験

一次面談

最終面談

内々定

応募から選考の過程において提出が必要となる書類

エントリーシート、成績証明書、卒業見込証明書、健康診断書

連絡先

株式会社 安藤・間
社長室 人事部 人材開発グループ 採用担当

〒107-8658  東京都港区赤坂六丁目1番20号
国際新赤坂ビル西館
Tel:03-6234-3604 FAX:03-6234-3702
E-mail:jinji-info@ad-hzm.co.jp

先輩社員インタビュー

画像1

斉藤 洋平

関東土木支店 機電係 
2013年入社
電気・電子系学科卒

さまざまな土木現場を経験しながら、日々成長していく自分を実感できます

愛媛県でダムのリニューアル工事を経験しました。
ダム工事では、各種プラントや特殊機械のコスト・能力を考慮した最適な設計配置、管理などのすべてを機電社員が担当します。
機械・電気・情報から土木まで幅広い視点で携わることになると学びました。

その後、徳島県で農地防災事業などにも関わりました。
この仕事は「ヤル気と情熱が大切」だと四国時代の上司が教えてくれたことを、どんなときも忘れないようにしています。

現在は都内鉄道工事を担当。
地下に設置する仮設立抗の施工計画に取り組んでいます。
掘削に使用する機械・設備の準備から施工方法、期間に至るまで、どのような計画を立てるかによって生産性も左右されます。
安全性はもちろん、原価削減につなげるためには現場の施工条件やコストなどの情報収集が欠かせません。

入社以来、さまざまな土木現場を経験させてもらえました。
選考を受けているときは大学時代に勉強した電気や電子知識がどれくらい役に立つんだろうと思っていました。しかし、実際に仕事をして、活かせる部分も多く、そのおかげで、どのような機械を使用すればリスクを回避できるか判断する目と知識を養うことができました。
時には厳しく叱咤激励してくれる先輩や上司に囲まれて、日々成長していることを実感しています。
画像1

大矢 崇雅

関東土木支店 機電係 
2015年入社
電気・電子系学科卒

大きなものづくりに携われ仕事の成果を実感できること、年代の幅を超えた風通しの良い職場環境が嬉しいです

入社のきっかけは、就職活動で安藤ハザマの高速道路建設の現場を見学し、大きなものづくりに惹かれたことです。
大学時代の専攻は電気・電子でしたので、はじめは土木の知識がありませんでした。
新入社員研修で施工に関する一連の流れを体験できたおかげで、何ら心配なくこの仕事に取り組むことができています。

現在担当しているのは、高速道路のトンネル部分における「シールドマシン」の掘進管理で、施工計画の段階から携わってきました。
「シールドマシン」とは、超硬チップのついた円板を回転させて、地中を掘る機械です。
現場で実際に工事の進捗を目の当たりにしていると、自分の仕事がきちんと反映されている実感があり、とてもやりがいを感じます。

また、職場の良さとして、現場の意向を尊重してくれる社風や、年代の幅を超えた風通しの良いコミュニケーションができることも日々感じています。

『自分が手がけたトンネルを自分の車で走る』いつかこの日が来ることが今から楽しみです。
画像1
画像1

飯島 慶子

首都圏建築支店 設備部 工事グループ 
2014年入社
電気・電子系学科卒

「ジョブローテーション制度」のおかげで現場で臨機応変な対応ができます

大学時代の専攻が電気・電子だったため、入社前は建築の知識がないことが不安でした。
しかし、安藤ハザマには設計・積算・現場の各業務を経験できる「ジョブローテーション制度」があったため、不安を取り払うことができました。
最初の3 年間で3 部署をローテーションし、3 年経過時に本人の適性・希望を考慮し、本配属となるという制度です。また全国設備研修や設備技術選択制講座など、教育制度も充実しているのでさらに安心しました。

設計では電気設計を通して建築の図面にも慣れ、積算では設備に関するコストを理解しました。設計と積算で学んだことは、現場で役に立っています。
現場では先輩から体験談を聞くことでお客さまや協力会社の方々とのやりとりを覚えていきました。

現在は、保育園の建設現場で設備の施工管理を行っています。
設計者が作成した設計図通りに照明や空調、水周りやそれに付随する配管、配線が進捗しているかを確認するのが主な仕事です。
現場経験はまだ浅いのですが、お客さまの要望にも臨機応変に対応できているのは「ジョブローテーション」や先輩社員とのコミュニケーションのおかげだと思っています。
画像1

関口 聖人

建築事業本部 設備設計部 
2016年入社
機械系学科卒

建設会社の魅力は、設計から施工まで建築のすべてを同じ会社で行うこと

ビルや工場など、お客さまが社運をかけたものを建築する責任の大きさにやりがいを感じて入社しました。
機械系出身のため当初は建築に対する不安がありました。
しかし、5カ月間の新入社員研修で基本を学び、特に設備設計部に配属されてからは、OJT(On-The-Job Training) で多くのことを学ぶことができました。安藤ハザマでは6年間あるOJT期間に、実際の職務現場において、業務を通して上司や先輩社員から指導をしてもらえます。
今では同期の誰にも負けないくらい自信がついたと感じています。

現在、最も大切にしているのはお客さまのニーズを汲み取ることです。
どうしてもそれに応えることができない場合は代替案を考え、お客さまの理想に近づけることを意識しています。
設計から施工まで、建築の流れを一つの会社の中で行うのが建設会社の魅力です。
ゆくゆくは「設備については何でもあいつに聞けば回答が返ってくる」と言われるような存在になれるよう、これからも日々研鑽を重ねていきます。
     
  • 「株式会社 安藤・間(安藤ハザマ)」★2020年度新卒採用 Web会社説明会★

    ☆---------------------
     ★ 2020年度新卒採用 Web会社説明会 ★
    ☆---------------------

    「株式会社 安藤・間(安藤ハザマ)」の会社説明会へ興味をお持ちいただき、
    ありがとうございます!

    安藤ハザマでは、好きなときにいつでもWeb上から受講できる「Web会社説明会」を実施しています。
    このページからエントリーの上、自動返信メッセージ内に記載のURLからアクセスしてください。

    Web説明会では、会社の詳しい説明はもちろんのこと、職種別の先輩社員紹介のコンテンツもご用意しています♪

    さらに、Web説明会を最後まで視聴した方を対象に、『 先輩社員との座談会 』を開催いたします!
    最後まで視聴すると、座談会予約ページにアクセスできるバナーが表示されますので、そちらからご予約ください。

    ※選考に進むにあたり、座談会への参加が必須になります。定員がございますので、ぜひお早めにご参加ください。
    座談会でお会いできることを楽しみにしております!


    【注 意】
    ・Web会社説明会をご視聴いただきましたら、最後のコンテンツ内で
     表示されるバナーから 『 先輩社員との座談会 』 を予約してください。

    ・座談会を予約した方に対し、下記の2つのご案内をお送りいたします。
     (1)『OpenES提出のお願い』
     (2)『適性検査のお願い』
     座談会に参加後、この2つにご対応ください。

    その他、ご不明な点は saiyo@ad-hzm.co.jp までお気軽にお問い合わせください!


    個人情報への同意をチェックの上、お申し込みください。


    理工系学生対象


    以下の「確認事項に同意する」にチェックを付けると、申込みボタンが表示されますのでクリックすると、あなたがFutureFinderに登録された情報(姓名・姓名カナ、メールアドレス、電話番号、学校名、専攻、学部学科、卒業年度、特性検査結果等)および今後FutureFinder運営事務局に明示的に提供する就職活動に関する情報(就職活動の状況、応募企業、応募企業への就職意向等)が、当該イベントの主催企業に提供されることに同意したものとみなします。